りょぴろぐ

大学を留年したぼくが、インターネット上にまだ見当たらないニッチな情報を大学生視点でお届けするブログ。大学受験独学法から旅行や読書、音楽、はまっていることを幅広く気ままに綴ります。このブログを通して同じ感情を共有できる同士を見つける。

ぼくがリゾードバイトを3日目で辞めた理由

f:id:Ryoppe:20171010134302j:image

 

こんにちは!りょっぴです。

 

夏休みや春休みなどの長期休暇に

何のバイトをしていますか?

 

ぼくは今年の2月に新潟へ行きました。

リゾバで働くためです。

 

リゾバとはリゾードバイトの略で、

観光地に住み込み

ホテルやレストランで働くお仕事。

 

この新潟でのリゾードバイトを

3日で辞めたお話をします。

 

リゾバへ行くことになったきっかけ

3月に海外旅行を控えていました。

 

なんとしても20万稼ぐために、

働かなきゃいけなかった…

 

友人2人と新潟でのリゾードバイトに

応募しました。

 

期間は1ヶ月。

 

勤務地で知り合った仲間でも

長い人で2週間。

 

「あぁやっていけるのか」と

最初から心配だった。

 

どんな環境で生活するのか

ホテルとスキー場が一緒になった

職場でした。

 

そのホテルと離れた場所に

従業員専用の宿が用意されており、

そこから職場へ通いました。

 

ぼくの宿は6人部屋。

実際に住んでいたのは

ぼくらを含め5人でした。

 

2段ベットが3つと

1台のテレビが置かれています。

 

狭い部屋なので

くつろげるスペースはなく

1ヶ月となるとストレスが溜まります。

 

仕事内容

 ぼくの勤務先はレストランでした。

ホールの仕事がメインです。

 

・お客さんを席に誘導

・ビュッフェ形式のレストランで

料理がなくなったらキッチンの人に

補充してもらう

・食器の片付け

 

基本はこの3つの仕事を

ホールのメンバーでこなしていきます。

 

3日目にして家に帰る

 2日目の夜に友達としていた会話

 

友達A「きつくね?」

友達B「まぁ1ヶ月乗り切るっしょ」

ぼく「いやーきついべぇ」

友達A「明日帰ろっかなー(笑)」

一同 爆笑

 

こんなノリで話していた。

 

次の日、突然友達Aが帰ると言い出した。

社員さんに「おじいちゃんが亡くなった」と嘘をつき、帰宅が決まった。

 

取り残されたくないぼくも

「おじいちゃんが病院に運ばれた」

と嘘をついて、帰ることにした。

 

もちろん友達Bも続いて

3人が3日目にして脱退。

 

その日のうちに荷物の支度をして

家に帰った。

 

リゾバはきつい仕事なのか

 勤務地に入ってくるタイミングが

人によってばらばらなので

仕事を一から教えてくれません。

 

自分で分からないことを聞いて、

仕事を覚えていかなければいけない。

 

人不足にならないように

多めに派遣バイトの採用を取ります。

 

そのため、人が多くなってしまい

自分の仕事が少なくなるので

とても暇です。

 

生活環境も良いものとは言えず、

ストレスが溜まります。

 

マイナスの部分をいくつか

挙げましたが、

リゾバの良いところ・メリット

もあります。

 

リゾバのメリット

・まとまったお金が必要なとき

ぼくのように旅行を控えていたり、

金欠の人は短期間でまとまった

お金を稼げます。

 

・長期休暇が暇すぎて退屈なとき

地元でバイトするのも飽きたら

新しい体験をするためにリゾバを

してみるのもあり。

 

・かけがえのない出会いができる

様々な人がリゾバをしに来ます。

出会った人の武勇伝を聞いたりと

出会いから新しい発見ができるでしょう。

 

・観光を同時に楽しむ

バイトが入っていない空き時間を

利用して、その土地を観光できます。

 

ぼくはスキー場が派遣先なので、

友達とスノーボードをしました。

 

遊びのお金を稼ぎながら

観光地で遊ぶプランを立てても良いかも。

 

もしリゾバをするなら・・・

 1週間もしくは2週間でリゾバを

するのがおすすめです。

 

あまりに長すぎても退屈です。

ぼく的には1週間がベストかなと

思います。

 

仕事がある日は働きまくって、

スキーやスノーボードなどの

アクティビティや観光をする形が

理想だと感じました。

 

リゾバに行くなら目的を持って、

その目的にあった観光地を探そう!

 

以上、3日でリゾバを辞めたお話でした(笑)